宮台真司氏、退院。「命に別状はないと報道される言葉の軽さ」

Featured Video Play Icon企業/団体/経営者
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

宮台真司「重症なのに命に別状はないと報道されるのか。これほど深刻なのに。この言葉の軽さ。」

 

 

2022年11月29日16時半ごろ、東京都立大学南大沢キャンパス構内で、20歳から30歳くらいの男性に後頭部を殴られたうえ、刃物のようなもので首を数か所切られ重傷と報じられた。

合計6時間ほどの手術をし、1週間と1日で退院。

 

 

犯人はまだ逃走中、動機も分からず

数時間前に犯人の映像が公開されました。

 

 

命に別状はない、という言葉の軽さ

合計6時間に及ぶ手術。

プロの外科医2人が一生懸命縫っていく。

 

もう何針縫っているか分からない。

同じ箇所を3重に縫っていたりもする。

かなりの重症。

 

にもかかわらず、報道では「命に別状はない」と言われる。

なんと軽い言葉だろう。

 

 

みんなの声

 

「持つべきものは友だち」という言葉に涙が出ました。 これからも素晴らしいお二人のお話を聴けることが嬉しいです。 宮台先生にはゆっくりおうちで美味しいごはんを食べて、傷付いた体を癒やしてもらいたいです。

 

重傷だったのにもう復活していつも通りの宮台なの強すぎる

 

本当に生きていて良かったです。宮台さんの不屈の精神に感服しました。私はまだ10代の若造ですが、本当に宮台さんからは人として学ぶことがたくさんあります。どうかお体にお気をつけて。

コメント

error:Content is protected !!