東京ゲゲゲイ痩せたBOWはMIKEYのストーカーだった過去がある!?

Featured Video Play Iconアーティスト
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

『東京ゲゲゲイ』BOWはMIKEYのストーカーだった過去がある!?

東京ゲゲゲイは独特の踊りをします。

見た瞬間に誰もが「これ、普通の人は踊れないよね」とすぐに分かります。

そう、プロのダンス集団なんです。

(歌も歌いますけど…)

「どうせ小さい頃からしているんでしょ!」と誰もが思ったはず!

 

私もつい最近まで思っていたんです。

実は違うんです!

20歳の時からダンスをスタートさせている方がいるんですねー。

今日はBOWさんをご紹介させて頂きます!

ちなみに鬼太郎の動画で、子泣き爺をされています

『東京ゲゲゲイ』のBOWさんプロフィール

もうちょっといい画像を探したんですけど、なかったのでこれで。

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京ゲゲゲイ Tokyo Gegegay(@tokyogegegayinsta)がシェアした投稿

名前:堀江由香里
生年月日1988年11月1日生まれ
血液型:O型
身長:155㎝
名前の由来:千と千尋の神隠しに出てくる「ぼう」に似ているから

2014年11月1日に入籍して、お子さんいらっしゃいます。

MIKEYさんには「太っている女がいるんですけど…」と言われたりするいじられキャラ的存在。

(昔はふくよかだったんですけど、今は痩せていらっしゃいます…)

『東京ゲゲゲイ』に、体格のふくよかな方がいらっしゃる?

今は痩せていらっしゃるんですけど、昔は違いました。

最初、東京ゲゲゲイを見た時に「あれ?5人の中で体格のふくよかな方がいらっしゃる。動けるの?」と思っていました。

これが動けるんですよねー。

すごいキレの良い動きをみせてくれます。

東京ゲゲゲイにはなくてはならない存在です。

 

AyaBambiの踊りのパロディですけどクオリティが高いです。

当時はお腹が揺れています。

↑音楽はポーランド出身のskinny patriniの曲↑

『東京ゲゲゲイ』BOWさんは実はダンス経験ゼロだ!20歳から始める!

ま、どうせ、小さい頃からダンスを習っていてたんでしょ?

 

と思っている人が多いと思うんです。

私も完全にその一人でした。

 

ただ、びっくりしないでください!

なんと!BOWさんは20歳から本格的にダンスを習い始めたんですね

なのに、あの動きができているんですよ。

すごくないですか?

MIKEYさんに『ストーカー』と言われるほど付きまとっていたBOWさんの過去!

BOWさんはダンスとは無縁でしたから、MIKEYさんを最初は全然知らなかったと思うんです。

20歳の時に初めて会って、MIKEYさんの踊っている姿を見てビビビビっときたそうです。

それから、『ストーカー女』と言われるほど必死でダンスを学んだようです。

最初はお芝居をしようと思っていたBOWさん

最初、お芝居がやりたいと思っていたそうなんです。

それでミュージカルのオーディションを受けたら受かって、その時の振り付けの先生に「ダンスを勉強してみたら?」と勧められたそうなんです。

それがダンスと出会った最初、19歳の時です。

褒められたのが嬉しくてダンスを習い始める!

話している姿を見ても分かりますけど、BOWさんはポジティブ&素直な性格なんです。

ダンスをほめられたことが嬉しくて「ダンスを習いたい」と思うようになりました。

 

MIKEYさんの知人のダンサーIG(アイジ)さんの教室に通うようになりました。

その時にやっとYouTubeでMIKEYさんの存在は知っていた程度。

 

ある時、MIKEYさん主催のVanilla Grotesque (バニラグロテスク) にIGさんも参加していたので見に行きました。

MIKEYさんの踊りを見て衝撃を受けたそうです。

20歳の時からMIKEYさんのストーカー開始!MIKEYさん「気持ち悪い女」と思っていた

ポジティブ&素直に行動するBOWさんは「この人に習いたい」と思いすぐに行動します。

 

最初MIKEYさんと会えるのがVanilla Grotesqueのオーディションだったようなのでオーディションを受けたんだそうです。

前日に髪の毛をオレンジ色に染めて、レッスンも受けたことがないのに。

これで受かるだろうと思っていたら、MIKEYさん曰く、

なんだこの気持ち悪い人と思って、すぐに落としたんですよ

と語っています。

1番に落としたと言っていたのですが、実際は2番目に落としたそうです。

はい、帰ってください、と。

それで諦めるBOWさんではありませんでした。

 

その時のMIKEYさんはスタジオをいくつか持っていて、週4本ぐらいこなしていたそうなんです。

普通の人は一つの教室を決めてそこで習います。

BOWさんは違いました。

 

BOWさんはMIKEYさんの全てのスタジオ、全てのクラスに来るようになりました!

 

うわ、気持ち悪い~って思って、なんだこの人と思って…

 

思っていたら、それがだんだんだんだん慣れてきてしまって、

たまにいないと、「あれいない?」てな感じで当たり前の存在になりました

 

いまや東京ゲゲゲイのメンバーにいるんで、

人の慣れっていうのは怖いなって思わせる存在です

と感想を語るMIKEYさん。

 

また、当時MIKEYさんが描いていたブログをBOWさんは清書していたようなんです。

『MIKEYさんのブログを写す用のノート』を用意して書いていたみたいです。

それを別の生徒さんから聞いたMIKEYさんは「気持ち悪い~」とやっぱり思ったそうです。

気配り上手のBOWさん!チームの中の盛り上げ役にもなっている!

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京ゲゲゲイ Tokyo Gegegay(@tokyogegegayinsta)がシェアした投稿

自称アイドルと名乗ったり、坊主頭になったりと、ひょうきんな存在に見えます。

盛り上げ役です。

 

でも、気配り上手な方だなとも私は思いました。

誰かが上手く話せずにいる時は必ず助け船になってくれています。

 

ダンサーは舞台に立ってダンスをします。

人前に立つのは緊張しないでしょと思います。

東京ゲゲゲイはダンスのプロ集団ですが、話し上手というわけではないんですよね。

話し上手でないメンバーが何て答えようか困った時に横から助けてくれたりします。

 

MIKEYさんは結構ズバッと人にものを言う性格なんですね。

メンバーの中で特にそのいじられキャラ的存在になっているのがBOWさんかなと思います。

自らかってでているかなと思います。

まとめ

今日は東京ゲゲゲイのBOWさんを特集してみました!

東京ゲゲゲイを見ると第一印象は「怖い」というイメージがありますけど、ダンスひとつひとつ見ていくと「すごいな~!」というのがわかります。

そうなると、独特の世界観も楽しめるようになってきます。

 

私はMIKEYさんの話術にもやられています。

話の切り返し方が面白いのでディスクジョッキーしてもいいのでは、と最近はよく思っています。

コメント