JR九州新幹線開通!THE 250kmWAVE!九州縦断ウエーブ

Featured Video Play Icon企業/団体/経営者
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

九州新幹線全線開通CM!この時期になると見たくなってしまう動画!

今日は最新の動画ではありませんが、九州新下線が開通した時のCMをご紹介します。

この時期になると、この動画を見に来る人が多くいらっしゃいます。

 

当時、九州では天災が続いていたんですね。

そこに九州新幹線開通!

そして、放映している時に東日本大震災。

 

震災中ともありほぼ自粛され、このCMを目にしたことがない方も多いはず。

見たことのない方はご覧になってくださいね。

JR九州「THE 250km WAVE(祝! 九州縦断ウエーブ)」基本情報

新幹線の側面がレインボーカラーされ、九州を横断していきます。

そこに人々が待ち構えて手を振っている映像です。

2月20日の寒い時に撮影をされたようです。

 

走り抜けていく新幹線に手を振る人たちの姿を、九州をつなぐ一続きの波のように見せようと考えた、とのこと。

7色には「九州を一つにつなげる虹のアーチ」や「九州7県」との思いを込められている。

 

本当に人が集まってきてくれるかという不安がありました。

心配をよそに多くの人が集まってくれて盛り上げてくれました。

市民を巻き込み九州新幹線開業を祝ったキャンペーン JR九州「THE 250km WAVE(祝! 九州縦断ウエーブ)」:朝日新聞社メディアビジネス局 - 広告朝日
広告朝日は、朝日新聞社メディアビジネス局のウェブサイトです。新聞広告やメディア、マーケティングに関する最新の話題や、朝日新聞の媒体データを提供しています。

音楽:マイア・ヒラサワ

JR九州「THE 250km WAVE(祝! 九州縦断ウエーブ)」長い映像あり!

みんなの反応は?

令和の今みて、感動してる同士おらん?
引用:https://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU&t=8s
東北民の役所勤めです 3.11の対応で身も心もボロボロになって、2週間ぶりくらいに家で休んでた時に、このCMをここで見ました 涙が止まりませんでした こんな楽しい日常があったんだ、と 東北の人がこの笑顔を取り戻すまでは頑張らないと、と 次の日からの活力になりました
引用:https://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU&t=8s
なんでかな、 「あの日、手を振ってくれてありがとう、笑ってくれて、ありがとう、一つになってくれて、ありがとう」 映像終盤のこのナレーションで、涙が出ます。
引用:https://www.youtube.com/watch?v=UNbJzCFgjnU&t=8s
8年経った今でもこのCMを超えるCMはないなぁ 今まで何回見たかわからない! 元気が欲しいときは自然と見にきちゃう!
引用:https://www.youtube.com/watch?v=Va2brxKGP3g&t=805s

今、海外で流行っている虹をどうぞ!

九州新幹線のカラーは虹だったんですけど、海外でもただいま虹が流行っています。

ヨーロッパでは外出が制限されています。

家の中で過ごしている子供たちは窓に虹を貼って過ごしています。

持病をお持ちの方、病院へ電話をすれば薬を処方してくれるかもしれません!

COVID-19解説
日本マネジメント総合研究所合同会社の理事長の戸村智憲による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)BCP実務対応などの解説・Q&A集

2020年3月26日現在、日本マネジメント総合研究所合同会社の情報によるとこのように書かれています。

持病をお持ちの方は参考にされると良いと思います。

かかりつけの病院・医師に確認してみて下さい。

厚労省の通達にて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の臨時緊急の対策として、現在、
何かの疾病・傷病等で病院をご受診で、症状が安定している方に関しては、かかっている病
院に電話して医師が OK を出せば、病院にいかずとも処方箋を出して頂ける。
病院からファックスなどで薬局側に送られる処方箋で、病院で受診しなくとも薬局にてお
薬を出して頂けることも、念のためお知りおき頂きたい。

引用:https://www.jmri.co.jp/COVID-19.QandA.2020.Mar.25.Tomura.pdf

まとめ

今日は九州新幹線の全線開通の動画をご紹介しました。

このCMが製作されて9年経ちますが、未だに多くの人が見に来られています。

 

ボランティアで1万人以上の出演者がいるというのはなかなかないと思います。

それだけ、九州の方に新幹線を待ち望んでいたのが分かります。

これからもJRには私はお世話になりたいと思っています。

 

お読み頂きましてありがとうございます。

コメント